インカムをレンタルする最大のメリットとは

男性と女性

一時的な印刷と印字の消去

インク

二台体制での印刷

東芝のオリジナルトナーとして注目を浴びているのが消せるトナーです。ペーパーリユースシステムとして開発された複合機とトナーを組み合わせて使用することにより、印字を紙から消去することができます。印刷を行うための機器と、印字を消去するための機器を組み合わせる二台体制でこの仕組が実現されているのが特徴です。二つの作業を独立した機器に行わせることによって印刷と消去のサイクルを効率的に行えるように設計されています。印刷量が多い現場では一台で二役にしてしまうと印刷が滞るリスクがあるということを考慮した東芝の工夫と言えるでしょう。斬新なビジネスソリューションとして企業での導入が検討されるようになってきています。

電子化の時代に対応

東芝の消えるトナーの運用に注目が集まっているのは書類の電子化の時代に対応する機能が充実しているからです。消去を担当する機器の方には自動スキャンによる電子化機能も付与されているため、うっかり消去に回してしまった文書も全て電子化して保管しておくことができます。その機能を活用して印刷された重要文書は全て消去にかければ良いという発想もできるでしょう。不要になったわけではなくとも電子化してしまえば紙媒体は必要ないというものを自動的に処理することができるのです。印字を消去した髪は再利用可能であることも踏まえると効率が良いことから、紙媒体は一時的な利用のためのものと考えて活用していきたいという現場からは特に東芝の消えるトナーが着目されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加